トップページに戻る
海図の知識

海図は、航海を行う上で最も重要なツールだといえます。海図には、その縮尺によって数種類があり、用途によって使いわけます。なお、沿岸の形状、土地の高低、島、暗礁、水深、底質、航路標識、海流、潮流など航海に必要な情報が記載されていますが、潮時は記載されていません。

 【A】海図の種類

[1]沿岸航海に使用する海図

a 海岸図 縮尺:5万分の1以上
沿岸の状況を詳しく示してあります。
b 港泊図 縮尺:5万分の1以上
港湾、海峡、河口などの小区域の状況を詳しく示してあります。

[2]外洋航海に使用する海図

a 総図 縮尺:400万分の1以下
広範囲の区域をひと目で見ることができます。
b 航洋図 縮尺:100万分の1以下
長距離の航海に使用するもので、主な水深、航路標識、陸標などが示してあります。
c 航海図 縮尺:30万分の1以下
陸岸を見ながら航海する場合に使用するもので、船位決定に必要な事柄が示してあります。

総図
総図

海図

 【B】海図図式
灯台 灯台
灯浮標 灯浮標(左げん)
係船浮標 係船浮標
暗岩 暗岩(航行に危険なもの)
点線で囲んだものは
その存在を目立たせたもの
洗岩 洗岩(基本水準面に洗う)
点線で囲んだものは
その存在を目立たせたもの
干出岩 干出岩
沈船 沈船
(船体の一部を
 露出した沈船)
沈船 沈船
(危険全没沈船)
沈船 沈船
(危険でない
全没沈船)
漁さく 漁さく
魚礁 魚礁
海流一般 海流一般
1.2km
(最強流速を付記する)
上げ潮流 上げ潮流
10.6km
下げ潮流 下げ潮流
9.3km
激潮 激潮
(急潮)
渦流 渦流
等深線 等深線
(水深の等しい
 地点を結んだ線)
底質
どろ どろ
マッド(Mud)
岩
ロック(Rock)
石
ストーン(Stones)
砂
サンド(Sand)
貝がら 貝がら
シェル(Shells)
ヨットハーバー ヨットハーバー
マリーナ
漁港 漁港
錨地 錨地

 【C】基準の水面

水深 基本水準面(略最低低潮面)からの深さをメートルで示します。
物標の高さ 平均水面上の高さをメートルで示します。
海岸線 略最高高潮面におけるとの境界です。

基準の水面

■干出岩: 海図に記載されている危険な岩のことで、頂点部分が基本水準面と略最高高潮面の間に位置する岩のことです。


 【D】緯度・経度

緯度・経度

緯度 赤道から子午線上の任意の地点までの地球中心角を緯度といいます。赤道を0度として南北にそれぞれ90度ずつ測り、北側を北緯(N)、南側を南緯(S)として表します。
※子午線とは、地球の北極と南極を通る大圏のことです。
経度 ある地点を通る子午線とイギリスのグリニッジ子午線(本初子午線)との間にはさまれた赤道上の弧の長さをいいます。グリニッジ子午線を0度とし、東西を180度に分けています。または180度線を日付変更線とも呼び、太平洋のほぼ中央部を通過しています。東側を東経(E)、西側を西経(W)として表します。

1°(度)=60′(分)
1′(分)=60″(秒)
【表し方の例】
北緯25度30分=Lat25°−30′N
東経136度20分=Long136°−20′E

 【E】海里(マイル)

1海里 緯度差1分、つまり地球の中心角の1分を地球表面上に延長した場合の子午線上の弧の長さを1海里といいます。地球は楕円体なので、1海里の長さは緯度によって厳密には異なりますが、1852m(緯度45°)を1海里と定めています。
緯度1分は60秒=1海里(マイル)=1852m
緯度1度は60分=60海里(マイル)

 【F】ノット

船の速力を示す単位はノットです。ノットは1時間に何海里進むかを表します。
1ノットとは、1時間1海里(1852m)航走する速力をいいます。

毎秒航走する距離は・・・・船の速力(ノット)÷2
例:20ノットの速力の船は1秒間に約10m航走する。


■例題1

速力12ノットの船が20分間航走すると何海里航走したことになるか。

解答1

速力12ノットとは、1時間に12海里航走する速力である。20分は1時間の何分の1かというと、20/60=1/3である。したがって航走した距離は、12海里÷3=4海里と計算される。


■例題2

速力12ノットのA船と、速力8ノットのB船が真向かいに行き会うとき、1分間に両船は何メートル近づくことになるか。

解答2

真向かいに行き会うときの2船は、両船の速力をプラスした速力で近づいてくる。
1時間に近づく速力は、12ノット+8ノット=20ノット。これをメートルに換算するには、1海里=1852mであるから、20×1852=37040mとなる。1分間に近づくのは、37040m÷60=617.3mと計算される。


Tea Break
★ノットの由来
船の速力は『ノット』で表す。これは、昔、速力を測るのに手用測程具を用いたことに由来している。
この手用測程具というのは、扇形の板の丸い方に鉛をつけて重くし、海面に浮くようにして曳き綱をつけたもの。それを船尾から海に流して船が進むにつれて曳き綱を繰り出し、速力を測ったのである。その綱にはあらかじめ一定の間隔(14.4m)ごとに結び目がつけられていた。これを英語でKNOT(ノット)という。
船の上で、この綱を繰り出していれば一定時間(昔は砂時計を使い、砂時計の一回の落下時間が28秒と決められていた)の間に通過した結び目の数を読むことによって、その船の速力を測ることができた。こうして船の速力をノットと呼ぶようになったのである。

 【G】海図の使用法

海図は一般的に北側を上にして使用します。左または右側のスケールを緯度尺といい、これによって緯度と距離を測定します。また、経度は上下端のスケール(経度尺)によって測定します。

距離の求め方 距離の求め方AB間の距離を求める場合、ディバイダーの両端の脚をA点、B点に当て、自分が測ろうとするところの真横の緯度尺に合わせて距離を測定します。一般に使われている海図の図法は漸長図(ぜんちょうず)で、地球の球面を平面図として表しています。北半球では北へ行くほど広げて描かれているわけです。したがって測る尺度も北へ行くほど広げて描かれているので、必ず測定する場所の真横の緯度尺で測定しなければいけません。
緯度と経度の求め方 緯度は真横の緯度尺、経度は上下の経度尺によって測定します。
針路と方位の求め方 針路と方位の求め方AB間の方位を測定するためには、2地点に三角定規をあて、定規を海図上でコンパス図(コンパスローズ)まで平行移動して目盛りを読み取ります。
※注意:コンパス図の外側の目盛りは真方位を、内側の目盛りは磁針方位を表しています。

 【H】海図使用上の注意事項

最新版の海図を使用する。
最大尺度の海図(狭い水域を大きく描いた海図)を使用する。
※最大尺度の海図は図載事項が詳しく、船位記入上の誤差も少ないため。
海図は水にぬらさない。
海図に凹みを残さないよう軟らかい鉛筆(2B〜4B)を使用する。
海図は折って使用しない
水路通報によって、小改正を行う。
小改正は、海上保安庁の水路部によって毎週発行される水路通報に基づいて使用者が改正する。また改正の項数は海図の左下欄外に記載し、海図データの新旧の判断はこの番号によって行います。

 【I】海図の発行所と購入方法

海図海上保安庁から発行されます。購入する場合は、水路図誌目録によって海図番号を調べ、その番号をもとに購入します。


トップページに戻る

Copyright (c) 2015 ahhas All rights reserved.

キャンプとアウトドアのネットショップ アーハーズ