■ 模擬試験【1】 ■
 問1
陸上交通と比較した水上交通の特性について述べた次の文のうち、適当なものはどれか。
[1] すべての水域で、速度制限が無いので、周囲に他の船舶がいないときは高速で航行することができる。
[2] 水上交通は右側通行が原則で、これは万国共通である。
[3] 陸上の道路のような移動範囲を制限するものが無いので、水上ではあらゆる水城を自由に航行することができる。
[4] 陸上のガソリンスタンドのような施設が各所に設置されているので、海上で燃料が不足したときは、すぐに補給することができる。


 問2
小型船舶の船長が、ヨットについて知っておかなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 帆走中の操縦は風に左右されるため、自由に変針したり停止することが難しい。
[2] 帆が死角となって接近する他の船舶が見えない場合があるので、十分離れて航行する。
[3] エンジンのみで航行しているときも、帆のみで航行するときと操縦性能は変わらない。
[4] 帆走中は風下に向かって航行するよりも、風上に向かって航行するほうが難しい。


 問3
右図に示す「底引き網漁業」について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)網は海底に着いているので、漁船の後方近くを航行することができる。
(B)図のように2隻が対になって操業している場合は、間に入らないように注意する。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A〉も(B)も誤っている。


 問4
プレジャーボートの海難事故の種類と、その主要な原因の組み合わせとして適当なものは、次うちどれか。
[1] 機関故障 ・・・・・・・・ 操船不適切
[2] 衝突 ・・・・・・・・・・・・ 気象海象不注意
[3] 転覆 ・・・・・・・・・・・・ 船位不確認
[4] 乗揚げ ・・・・・・・・・・ 水域調査不十分


 問5
小型船舶の船長のマナーについて述べた次の文の(  )の中にあてはまるものとして適当でないものは、下のうちどれか。
「航行中は常に安全な速力を心掛けましょう。周囲の見張りを怠らず、(  )を考慮して、周りに迷惑が掛からない速力で航行することが大切です。」
[1] 船舶交通の混み具合
[2] 遊泳者や手漕ぎボートの有無
[3] 目的地までの距離
[4] 操業中の漁船の有無


 問6
小型船舶の船長のマナーについて述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)やむを得ず、操業中の漁船に接近する場合には、引き波を立てないように航行する。
(B)手漕ぎボートは非常に軽量なので、引き波の影響を受けることはない。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問7
小型船舶の船長が行わなければならない、同乗者に対する注意について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] 飛び乗りや飛び降りをさせないようにする。
[2] 12歳未満の子供には、なるべ〈ライフジャケットを着用させるようにする。
[3] 乗船中は、低い姿勢をとらせるようにする。
[4] 服装や靴についても細かい注意を払うようにする。


 問8
「オレンジ色の煙を発する救命設備」はどれか。次のうちから選べ。
[1] 信号紅炎
[2] 自己発煙信号
[3] 火せん
[4] 自己点火灯


 問9
小型船舶の船長の遵守事項として適当でないものは、次のうちどれか。
(小型船舶操縦者法)
[1] 飲洒などの影響により正常に操縦できない場合は、操縦してはならない。
[2] 特殊小型船舶を操縦する場合は、免許受有者以外が操縦してはならない。
[3] 港則法に基づく港の区域を航行する場合は、免許受有者が操縦しなければならない。
[4] 特殊小型船舶に乗船する場合は、できるだけライフジャケットを着用しなければならない。


 問10
操縦免許証の取扱いについて述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
(小型船舶操縦者法)
[1] 火災等により焼損したときは、再交付を申請することができる。
[2] 住所を変更したときは、特に申請する必要はない。
[3] 効力が失われたときは、返納しなければならない。
[4] 記載事項に誤りを発見したときは、訂正申請をしなければならない。


 問11
船舶検査を受ける必要のない船舶は、次のうちどれか。
[1] エンジンを有さない定員7名の客船
[2] エンジンを着する長さ1.4メートル、出力1kwの船舶
[3] エンジンを有する他の船舶に曳(ひ)かれる客船及び遊漁船
[4] エンジンを有さない沿海区域を越えて航行するヨット


 問12
迷惑防止と環境保全について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] 住宅地はもちろん浜辺であっても、早朝や深夜のエンジンの始動は行わない。
[2] 陸上で水上オートバイのエンジンをかけるときには、不必要に空吹かしは行わない。
[3] 騒音につながらなければ、エシジンの違法改造を行ってもよい。
[4] 排出ガス低減のため、4ストロークや直噴2ストロークエンジンに順次切り替えられる傾向にある。


 問13
2隻の船舶が衝突するおそれがあるとき、互いに針路を転じなければならない場合は、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] 動力船と動力船が真向かいに行き会う場合
[2] 帆船と帆船が真向かいに行き会う場合
[3] 動力船が帆船を追い越す場合
[4] 帆船が動力船を追い越す場合


 問14
広い水域において、他の船舶に追い越される船舶の航法として正しいものは、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] その針路と速力を保って航行する。
[2] 右舷(げん)を追い越されるときは、左側に少し変針する。
[3] はっきり、早めに、大幅に速力を減じる。
[4] 左舷側を追い越されるときは、短音2回の汽笛信号を行う。


 問15
「横切り船の航法」において、避航船が保持船に対して、やむを得ない場合以外とってはならない動作は、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] 右に変針すること
[2] 船尾方向を横切ること
[3] 船首方向を横切ること
[4] 機関を後進にかけること


 問16
避航船及び保持船の航法について述べた次の(A)及び(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。
(海上衝突予防法)

(A)避航船は、他の船舶との衝突を避けるための針路又は速力の変更を行う場合は、できる限りその変更を他の船舶が容易に認めることができるように大幅に行わなければならない。
(B)保持船は、避航船と間近に接近したため、その避航船の動作のみでは衝突を避けることができないと認めるときは、最善の協力動作をとらなければならない。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も娯っている。


 問17
右図に示すように、航行中の2隻の船舶が真向かいに行き会い、×印の付近で衝突するおそれがあるときの航法として正しいものは、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] Aは針路、速力を保持し、BがAの進路を避ける。
[2] Bは針路、速力を保持し、AがBの進路を避ける。
[3] A、Bともに針路を右転して、他船の進路を避ける。
[4] 速力の速いほうの船舶が、他船の進路を避ける。


 問18
接近してくる他の船舶のコンパス方位に、明確な変化が認められる場合であっても、これと衝突するおそれのある場合があるが、それはどのような船舶と接近する場合か。次のうちから選べ。
(海上衝突予防法)
[1] 漁ろうに従事している船舶
[2] 帆船
[3] 曳(えい)航作業に従事している船舶
[4] 浚渫(しゅんせつ)作業に従事している船舶


 問19
狭い水道等において、A船がB船を追い越そうとする場合に、B船がA船を安全に通過させるための動作をとらなければ追い越すことができないときは、A船は、どのようなことを行って巨船に追越しの意図を示さなければならないか。次のうちから正しいものを連べ。
(海上衝突予防法)
[1] 定められた汽笛信号を行う。
[2] 定められた発光信号を行う。
[3] 定められた形象物を揚げる。
[4] 定められた国際信号旗を掲げる。


 問20
夜間、航行中の動力船が表示している船尾灯の色は、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] 白色
[2] 緑色
[3] 紅色
[4] 賢色


 問21
昼間、錨(びょう)泊中の船舶が表示しなければならない形象物は、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] [2] [3] [4]


 問22
視界制限状態にある水域において、長さ12メートル未満の船舶が、2分を超えない間隔で行わなければならない音響信号は、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
 
[1] 短音1回、長音2回の汽笛信号
[2] 短音4回の汽笛信号
[3] 長音3回の汽笛信号
[4] 有効な音響による信号


 問23
下図は、A船とB船が航路を航行している状況を示したものである。A船の航路における一般的な航法として正しいものは、図(1)〜(4)のうちどれか。
[1] [2]
[3] [4]


 問24
特定港内に停泊中の船舶が行っている長音5回の汽笛信号はどのようなことを意味しているか。次のうちから選べ。
[1] 船舶に火災が発生し、警報を発している。
[2] 落水者が発生し、救助を求めている。
[3] 出港するため、水先人の乗船を求めている。
[4] 急病人が発生し、医療の援助を求めている。


 問25
「航路における一般的航法」として誤っているものは、次のうちどれか。
(海上交通安全法)
[1] 航路に沿って航路を航行している巨大船は、航路に入ろうとする漁ろう船等の進路を避けなければならない。
[2] 長さ50メートル以上の船舶は、定められた地点間を航行するときは、航路を航行しなければならない。
[3] 12ノットをこえる速力で、航行してはならない区間が定められている。
[4] 航路を横断する場合は、できるだけ直角に近い角度で、すみやかに横断しなければならない。


 問26
水上安全条例について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] 海上衝突予防法や港則法が適用されない水域での交通ルールについて規定している。
[2] 水上オートバイ操縦者に対して、指定した講習の受講を義務付けている条例がある。
[3] 違反者の取り締まりは、国土交通省が行っている。
[4] 懲役や罰金などの罰則規定がある。


 問27
滑走型船(ディープV型)が、高速前進中、舵(かじ)を左に取った場合、どのような状態で旋回するか。次のうちから選べ。
[1] 左舷(げん)側に傾斜した状態
[2] 右舷側に傾斜した状態
[3] 両側に交互に傾斜する状態
[4] 舵を取る前と同じ状態


 問28
錨(びょう)泊中、走錨を知った場合の処置として最も適当なものは、次のうちどれか。
[1] アンカーロープを伸ばす。
[2] シーアンカーを入れる。
[3] 錨(いかり)を入れ直す。
[4] アンカーロープを縮める。


 問29
同一小型船舶において、平常よりも船体の横揺れ周期が短い場合、その原因として考えられるものを次のうちから選べ。
[1] 荷物を船首付近に多く積み過ぎた。
[2] 荷物を船尾付近に多く積み過ぎた。
[3] 荷物を高いところに多く積み過ぎた。
[4] 荷物を低いところに多く積み過ぎた。


 問30
狭水道を航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] できるだけ流れに沿って、水道の右側を通航するようにする。
[2] 針路を保つため、コンパスから目を離さないようにする。
[3] 屈曲の多い水道は、憩流時又は逆潮の初期や終期に通過するようにする。
[4] 操縦は、舵(かじ)だけに頬らず速力の調節も行うようにする。


 問31
小型船舶で水上スキーやウェイクボードを牽(ひ)く場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 事故防止のため、他の船舶や遊泳者がいる混み合った水域では、行わないようにする。
[2] 湖など一部の水域では、水上スキーに関する条例等により規制されている場合もあるので事前に確認しておく。
[3] 旋回するときに発生する遠心力は、高速より低速の方が、スキーヤー(ボーダー)が外側に振られる力が大きくなる。
[4] 船舶には見張り員として、スキーヤー(ボーダー)の見張りを行う者を同乗させ、転倒の報告や合図の伝達を行わせる。


 問32
コンパス等がなくても、おおまかに方角を知ることができる方法について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)アナログの腕時計を水平に保ち、長針を太陽に向けると、時計の12時の方向が、ほぼ北を示す。
(B)アナログの腕時計を水平に保ち、短針を太陽に向けると、時計の12時と短針との中間方向が、ほぼ南を示す。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問33
コンパス針路141°で航行中、横方向からの風や潮流の影響を受け、実際の針路は147°で進んでいることがわかった。実際の針路を141°で航行するためには、コンパス針路を何度とすればよいか。次のうちから選べ。
[1] 135°
[2] 141°
[3] 147°
[4] 153°


 問34
日本の浮標式によると、下図に示す灯浮標のうち、出港するとき、その灯浮標の右側に岩礁、浅瀬、沈船等の障害物があることを示すものはどれか。ただし、赤、緑、黒、白は標体の塗色を示す。
[1] [2]
[3] [4]


 問35
灯略記「Oc R 10s」の表す灯質と、灯色を示した次の組合せのうち、正しいものはどれか。
[1] 単明暗光 ・・・・・・・・・・・・ 緑色
[2] 単(たん)閃光 ・・・・・・・・ 赤色
[3] 単明暗光 ・・・・・・・・・・・・ 赤色
[4] 単閃光 ・・・・・・・・・・・・・・ 緑色


 問36
海図に記載されている灯・島・干出の高さ及び水深の基準面について示した右図のうち、誤っているものはどれか。
[1] 灯の高さ
[2] 島の高さ
[3] 干出の高さ
[4] 水深


 問37
右図は、海図の一部を示したものである。図中(ア)〜(エ)の表すものとして誤っているものは、次のうちどれか。
[1] (ア)は、水深5メートルの等深線を表す。
[2] (イ)は、沈船を表す。
[3] (ウ)は、底質「岩」を表す。
[4] (エ)は、大島の高さが8メートルであることを表す。


 問38
小型船舶に取り付けられる船外機について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] 船内機や船内外機に比べ、小型で軽量である。
[2] 船内機や船内外機に比べ、船体への取付けや取外しが簡単にできる。
[3] 船体への取付け角度を自由に変えることができる。
[4] 急激に前進に入れると、プロペラが跳ね上がることがある。


 問39
もやい結び(ポーラインノット)は、次のうちどれか。
[1] [2]
[3] [4]


 問40
出航前に点検しなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 移動物が固縛されていること。
[2] 消火器の使用期限が切れていないこと。
[3] 船底にビルジがたまっていないこと。
[4] 自己点火灯が固縛してあること。


 問41
ガソリンエンジンで、発航前に行うリモコンレバー(シングルレバー式)の作動点検方法について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] リモコンレバーを前後進位置に動かすと、クラッチのシフトが行われるか。
[2] リモコンレバーを動かすと、キャブレターのチョークバルブの開度が変化するか。
[3] リモコンレバーを動かすと、キャブレターのスロットルバルブの開度が変化するか。
[4] 補助レバーを操作してリモコンレバーを前後に動かすと、クラッチシフトが解除されているか。


 問42
バッテリーの交換について述べた次の文のうち、正しいものはどれか。
[1] ターミナルにグリースを塗る場合は、ケーブルの締付けが終わってからにする。
[2] バッテリーを固定するベルトやボルトには、ゆとりをもたせる。
[3] のケーブルをのターミナルに接続する。
[4] 電解液の液面が、極板の上端と一致するように液量を調節する。


 問43
ガソリンエンジン(船内外機)の停止要領について述べた次の文のうち、正しいものはどれか。
[1] スロットルバルブを閉鎖することにより停止する。
[2] アイドリング回転数以上に空吹かしさせながら停止する。
[3] アイドリング運転をしばらく行い、徐冷して停止する。
[4] 燃料コックを閉めて燃料系統を空にして停止する。


 問44
エンジンを運転中、電圧計が右図のような示度を示した場合の原因として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] Vベルトの破損、緩み
[2] サーモスタットの異常
[3] 発電機の故障
[4] バッテリーターミナルの緩み


 問45
長期保管前の格納点検について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] バッテリーの端子を外し、電解液を抜いて保管する。
[2] エンジンを作動させ、燃料系統に漏れがないか確認する。
[3] エンジン及びドライブユニットの冷却水系統を清水で洗浄する。
[4] スロットルケーブル及びシフトケーブルなどに潤滑剤を塗布する。


 問46
地上天気図記号(日本式)「」の表すものは、次のうちどれか。
[1] 温暖前線
[2] 寒冷前線
[3] 停滞前線
[4] 閉そく前線


 問47
風について述べた次の文のうち、正しいものはどれか。
[1] 風は、気圧の低い所から高い所へ向かって吹く。
[2] 風は、一般に、等圧線の間隔の広い所ほど強い。
[3] 風向は、風の吹いて行く方向で表す。
[4] 風速は、通常、1秒間に空気の流れる距離で表す。


 問48
次の月の見え方のうち、潮汐(せき)の干満の差が最も小さくなるものはどれか。
[1] [2] [3] [4]


 問49
小型船舶の荒天航行中における操縦上の注意事項について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。
(海上衝突予防法)
(A)向かい波のときは、船体が受ける衝撃を小さくするため、また、プロペラの空転による推進機関の損傷を防ぐために、速力は舵(かじ)が効く程度とする。
(B)追い波を受けて航走するときは、船体が波に横たわり転覆するのを避けるため、波ののばり斜面に位置を保つように速力を調整する。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問50
小型船舶に火災が発生した場合の処置について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)消火器を使用し、火勢が大きくなる前こ消火する。
(B)機関と舵(かじ)を使用して火元が風上側になる態勢とする。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


採点表
科 目 問題番号 正誤
操縦者の心得及び遵守事項
10
11
12
交通の方法 13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
運航 27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50

集計表
科目 正解数 誤り数 未解答数
操縦者の心得及び遵守事項
交通の方法
運航
合計





Copyright (c) 2015 ahhas All rights reserved.