■ 模擬試験【2】 ■
 問1
小型船舶を航行させる場合の注意事項として適当でないものは、次のうちうどれか。
[1] 出港時は天気が穏やかであっても、気象、海象の急変で帰港困難こなる場合がある。
[2] 水面より僅かに沈んだ状態の浮遊物は、水上からは確認しにくい場合がある。
[3] 海水浴場の近くを航行する場合は、エンジン音を上げて注意を促すようにしないと事故が発生するおそれがある。
[4] 緊急時の連絡手段を確保しておかないと、海上でトラブルが発生した場合、陸上との連絡が取れず孤立してしまうおそれがある。


 問2
小型船舶の船長が、ヨットについて知っておかなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 帆走中に風を受ける舷(げん)を変える際、急に大きく針路を変える場合がある。
[2] 帆が死角となるため、周囲の状況を十分に把握できない場合がある。
[3] 帆を降ろしてエンジンのみを使用して航行する場合がある。
[4] 帆走中は風上に向かって航行することは不可能である。


 問3
右図に示す「まき網漁業」について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)水面付近のまき網は、離れた位置からでは見えにくいので、近寄って確認しなければならない。
(B)漁船が魚群を囲みこむときは、急に針路を変えることがあるので注意しなければならない。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問4
プレジャーボートの海難事故の発生傾向について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] 海難事故の約80%が、離岸距離3海里以内の水域で発生している。
[2] 事故原因の大半が、見張り不十分や機関取扱い不良などの人為的ミスである。
[3] 乗船歴1年未満の初心者が船長の場合に、海難事故が多発している。
[4] 酒酔い操経や、無免許操縦が原因となる海難事故が多発している。


 問5
小型船舶の船長の責任について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を制断し、下のうちからあてはまるものを選べ。
(小型船舶操縦者法)
(A)無資格で船長として航行した場合は、罰則を受けることとなる。
(B)操縦免許証を不携帯で操縦した場合は、罰則を受けることはない。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問6
小型船船の船長のマナーについて述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)暴走行為、見せびらかし行為などの迷惑行為をしないこと。
(B)不法係留、無断係留及び水域の不法占拠をしないこと。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問7
小型船舶の船長が、出航前に確認しなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 係留ロープや船体に、破損や亀裂が無いかを確認する。
[2] 暖機運転を行い、エンジンに異常が無いかを確認する。
[3] 長時間航海を行う場合のみ法定備品を確認する。
[4] 当日の気象、海象の状況を確認する。


 問8
「赤色の星火を発する救命設備」はどれか。次のうちから選べ。
[1] 信号紅炎
[2] 自己発煙信号
[3] 火せん
[4] 自己点火灯


 問9
小型船舶の船長の遵守事項のうち、「危険な操縦の方法」について述べた次の文の(  )の中にあてはまる語句として適当でないものは、下のうちどれか。
(小型船舶操縦者法)
「小型船舶操縦者は、遊泳者その他の水域利用者の付近において、小型船舶を(  )させる操縦をしてはならない。」
[1] 徐行
[2] 急回転
[3] 縫航(ほうこう)(ジグザグ走行)
[4] 危険な速力で接近


 問10
操縦免許と、その免許が与えられない年齢の組み合わせとして誤っているものは、次のうちどれか。
[1] 一級小型船舶操縦士 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18歳未満
[2] 一級小型船舶操縦士(5トン限定) ・・・・・・・・ 16歳未満
[3] 二級小型船舶操縦士 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18歳未満
[4] 二級小型船舶操縦士(5トン限定) ・・・・・・・・ 16歳未満


 問11
登録を受けていない小型船舶が行う登録は、次のうちどれか。
(小型船舶の登録等に関する法律)
[1] 新規登録
[2] 移転登録
[3] 変更登録
[4] 抹消登録


 問12
不法係留や放置船について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] 洪水や高潮時に流水を止めるため、災害を最小限に抑える効果がある。
[2] 河川などで無秩序に係留し、船舶の交通や工事作業等を妨げてはならない。
[3] 所有している船舶が不要になった場合は、廃棄物処理の資格を持った業者に処分を依頼する。
[4] 十分な安全管理ができず、付近の住民や漁業者とのトラブルが発生しやすい。


 問13
行会い船の航法について述べた次の文の(ア)〜(ウ)にあてはまる語句を示した下の組合せのうち、正しいものはどれか。
(海上衝突予防法)
「互いに他船の(ア)舷(げん)側を通過するよう針路を(イ)に転じ、短音〈ウ)回を鳴らす。」
(ア) (イ) (ウ)
[1]
[2]
[3]
[4]


 問14
右図に示すように、航行中のA船がB船を追い越そうとする場合、互いに他の船舶の視野の内にある船舶の航法として正しいものは、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] A船は、速力を保って航行しなければならない。
[2] B船は、針路・速力を保ち、十分に注意して航行しなければならない。
[3] A船は、早めに減速して航行しなければならない。
[4] B船は、操業を一時止めて航行しなければならない。


 問15
夜間、航行中のA動力船が、その左舷(げん)前方に他の船舶のマスト灯と右舷灯を認め、衝突するおそれがあるときは、A船はどのような航法をとらなければならないか。次のうちから選べ。
(海上衝突予防法)
[1] 大角度に右変針して、短音1回の汽笛信号を行う。
[2] 針路を保ち大きく増速し、長音1回の汽笛信号を行う。
[3] 大角度に左変針して、短音2回の汽笛信号を行う。
[4] そのときの針路と速力を保ち、十分に注意して航行する。


 問16
「保持船の航法」について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
(海上衝突予防法)
[1] 衝突するおそれがあると判断したときの針路と速力を保って航行を続ける。
[2] 避航船の動作を監視している合図として、長音1回の信号を行う。
[3] 避航船が十分な避航動作をとっているかどうかわからないときは、直ちに急速に短音5回以上の汽笛信号を行う。
[4] 避航船の動作のみでは、衝突が避けられないと認めたときは、最善の協力動作をとる。


 問17
右図に示すように、航行中の2隻の船舶が互いに進路を横切り、X印の付近で衝突するおそれがあるときの航法として正しいものは、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] Aは針路、速力を保持し、BがÅの進路を避ける。
[2] Bは針路、速力を保持し、AがBの進路を避ける。
[3] A、Bともに針路を右転して、他船の進路を避ける。
[4] 速力の速いほうの船舶が、他船の進路を避ける。


 問18
「衝突のおそれ」について述べた次の文の(  )の中にあてはまるものは、下のうちどれか。
(海上衝突予防法)
 「近付いてくる他の船舶の(  )に明確な変化がないときは、これと衝突するおそれがあると判断しなければならない。」
[1] コンパス方位
[2] 速力
[3] 針路
[4] 距離


 問19
狭い水道等において、追い越される船舶が、追越し船を安全に通過させるための動作をとらなければ追越しができない状況の場合に、追い越そうとする船舶は、どのような措置をとらなければならないか。次のうちから選べ。
(海上衝突予防法)
[1] 追越しの意図を示す汽笛信号を行う。
[2] 急速に閃(せん)光5回を発して、注意を促す。
[3] 十分に近付いて、他船の航行を見守る。
[4] 増速して、水道の左側端に寄る。


 問20
錨(びょう)泊灯及びマスト灯の表示について述べた次の文のうち、錨泊灯のみにあてはまるものはどれか。
(海上衝突予防法)
[1] 視界制限状態においては、日出から日没までの間も表示しなければならない。
[2] 射光範囲はこ船舶の全周にわたらなければならない。
[3] 長さ50メートル以上の船舶は、前部及び後部に各1個を表示しなければならない。
[4] 2個表示する場合は、前部の灯火は後部の灯火よりも低い位置に表示しなければならない。


 問21
昼間、曳(えい)航作業をしている航行中の動力船が、右図に示すような形象物1個を表示しているのは、動力船の船尾から曳航物件の後端までの距離が、何メートル(m)を超える場合か。次のうちから選べ。
(海上衝突予防法)
[1] 20m
[2] 50m
[3] 100m
[4] 200m


 問22
音響信号を行う際に、汽笛及び号鐘にかえて、有効な音響によることが認められている船舶は、次のうちどれか。
(海上衝突予防法)
[1] 速力7ノット未満の船舶
[2] 長さ12メートル未満の船舶
[3] 総トン数20トン未満の船舶
[4] 喫水5メートル未満の船舶


 問23
港内における一般的な航法等について述べた次の文のうち、正しいものはどれか。
(港則法)
[1] 防波堤の突端を右舷に見て航行するときは、できるだけこれから遠ざかって航行しなければならない。
[2] 汽船が防波堤の入口付近で他の汽船と出会うおそれのあるときは、出航する汽船は入航する汽船の進路を避けなければならない。
[3] 帆船は帆を減じ、又は引船を用いて航行しなければならない。
[4] 他の船舶を追い越す場合は、短音1回に引き続く長音2回の汽笛信号を行わなければならない。


 問24
特定港内における行事又は作業のうち、あらかじめ港長の許可を受けて行えるものは、次のうちどれか。
(港則法)
[1] ボート競争の実施
[2] バラスト、ごみの投棄
[3] 港内での漁ろう
[4] 強力な灯火の使用


 問25
昼間、紅白の吹流しを揚げて航路を航行している船舶は、次のうちどれか。
(海上交通安全法)
[1] 緊急用務船
[2] 消防設備船
[3] 進路警戒船
[4] 工事・作業船


 問26
河川や湖沼における船舶の交通ルールについて述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] 国土交通省が河川法に基づき、船舶の通航方法を定めている水域がある。
[2] 遊泳者の安全を確保するため、条例によって動力船の航行を制限している地方自治体がある。
[3] 都道府県条例や市町村条例には、懲役や罰金などの罰則規定はない。
[4] 条例により航行禁止区域や停留禁止区域を設けている地方自治体がある。


 問27
キックの作用は、操船上、どのような場合に利用されるか。次のうちから選べ。
[1] 航行中、波浪の衝撃が大きくなった場合
[2] 航行中、風向きが変化した場合
[3] 航行中、船首近くに浮流物があった場合
[4] 航行中、船体の安定が悪くなった場合


 問28
下図(A)のように、岸壁に左げん横付け係留している排水型の一軸右回り船において、離岸のため1本の係留ロープを残して図(B)のような姿勢にする場合には、図(A)の係留ロープのうち、どの係留ロープを残しておくのが最も適当か。次のうちから選べ。ただし、船首方向から岸壁に平行に流れる潮流があるものとする。
[1] フォアードスプリング
[2] バウライン
[3] アフトスプリング
[4] スターンライン


 問29
右図に示す小型船舶のトリムの状態を表す用語として正しいものは、次のうちどれか。
[1] 船首トリム
[2] 船尾トリム
[3] イーブンキール
[4] トップヘビー



 問30
荒天時、沖合いから河口付近へ航行する場合の注意事項について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)大波が数回続いた後、やや低い波の状態が周期的に訪れるので、沖合でその周期をよく観察し、低い波の間に通過する。
(B)波を真後ろから受けると、船尾から波が打ち込みやすいので、波向きに対して適度に角度を付けた針路で進入する。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問31
小型船舶が他船を曳(えい)航中、曳航ロープを短くする場合として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 視界不良になったとき
[2] 狭い水道に近付いたとき
[3] 船舶の交通量が多くなったとき
[4] 波浪が大きくなったとき


 問32
次のうち、磁気コンパスの近くに置いても、自差に影響を与えないものはどれか。
[1] 金づち
[2] 発電機
[3] ラジオ
[4] 麻索


 問33
一定針路で航行中の船の船首尾線と航跡が右図のようになる原因として正しいものは、次のうちどれか。
[1] 風を左舷(げん)側から受けているため
[2] 海潮流を左舷側から受けているため
[3] コンパス自差の改正が誤っているため
[4] スクリュープロペラが左回転のため



 問34
右図こ示す灯浮標は、次のうちどれか。ただし、赤、白は標体の塗色を表す。
[1] 右舷(げん)灯浮標
[2] 左舷灯浮標
[3] 孤立障害灯浮標
[4] 安全水域灯浮標



 問35
右図に示す灯質(図解)は、次のうちどれか。
[1] Fl
[2] Al
[3] Oc
[4]


 問36
海図を使用するときの注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] 大尺度のもので、航行する区域が大きく記載されたものを航海用の海図として使用する。
[2] 記載されている内容はほとんど変わらないので、大切に扱えばいつまでも使用できる。
[3] 海図は紙で出来ているので、水にぬらさないようにして使用する。
[4] 芯(しん)の柔らかい鉛筆と消しゴム、共に良質なものを使用する。


 問37
海図図式「」の表すものは、次のうちどれか。
[1] 上げ潮流
[2] 急潮
[3] 下げ潮流
[4] 海流一般


 問38
平水区域を航行区域とする一般の小型船舶に、船舶安全法上、備えておかなければならないと定められている、一般備品として誤っているものは、次のうちどれか。
[1] ドライバー1組
[2] レンチ1組
[3] プライヤー1個
[4] ハンマー1個


 問39
巻き結び(クラブヒッチ)は、次のうちどれか。
[1] [2]
[3] [4]


 問40
出航前に点検しなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] ライフブイが固縛されていること。
[2] 信号紅炎の使用期限が切れていないこと。
[3] 燃料タンクの空気抜き口が開いていること。
[4] ハッチが閉鎖されていること。


 問41
海水フィルターについて述べた次の文の(  )の中にあてはまる語句として最も適当なものは、下のうちどれか。
  「ディーゼルエンジンの海水フィルターを点検した場合に、エレメントにゴミなどが詰まっている場合は、まず(  )を締めてからエレメントを取り外して清掃する。」
[1] ドレンプラグ
[2] 燃料コック
[3] キングストンバルブ
[4] 蝶ナット


 問42
ガソリンエンジンに備え付けられている、燃料ポンプの役割について述べた次の文のうち、正しいものはどれか。
[1] 霧状にした燃料油と、空気の混合気を作る。
[2] エンジンにより駆動されて、一定圧力で燃料油を送る。
[3] シリンダーが吸い込む混合気の量を加減し、回転数を変える。
[4] 入り込む空気量を変え、混合気の濃度を加減するものである。


 問43
間接冷却方式ディーゼルエンジンで、エンジン始動前に行わなければならない冷却水系統の点検事項として誤っているものは、次のうちどれか。
[1] 循環ポンプ駆動の∨ベルトの張りは適切か。
[2] 冷却水リザーブタンク内の水位は、上限と下限のマークの中間にあるか。
[3] 海水吸入弁は開いているか。
[4] シリンダーブロックのエアー抜きプラグ(コック)は開いているか。


 問44
エンジンを運転中、冷却水温計が、右図のような示度を示した。エンジンの回転数を下げた後、原因を特定するために行う事項として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] バッテリ液の量を調べる。
[2] 冷却水取入れ口の詰まりを調べる。
[3] 冷却水ホースの締付け不良や損傷を調べる。
[4] 循環ポンプ駆動用の∨ベルトの緩み、破損を調べる。


 問45
防食亜鉛の交換目安について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)損耗していない場合は、表面を磨いて使用してみる。
(B)適度に損耗している場合は、最後まで使い切るとよい。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問46
右図は、日本付近に現れる地上天気図の一部を示したものである。図中(ア)地点の風向は、次のうちどれか。
[1] 北寄り
[2] 南寄り
[3] 東寄り
[4] 西寄り


 問47
海陸風について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] よく晴れた夏の日に海岸地方で吹くことが多い。
[2] 風力は弱く、気象庁風力階級の2〜3程度である。
[3] 日中と夜間における海と陸の温度差が原因である。
[4] 日中は陸から海へ、夜間は海から陸に吹く。


 問48
潮汐(せき)について述べた次の文の(  )の中にあてはまる語句として適当なものは、下のうちどれか。
  「潮汐とは、月と太陽の引力作用により、海面が上下する動きをいい、高潮から次の高潮までの時間は、一般に約(  )である。」
[1] 4時間
[2] 6時間
[3] 8時間
[4] 12時間


 問49
荒天航行中の操縦にあたり、注意しなければならない事項について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] 縦揺れが大きいときは、プロペラが空転することがある。
[2] 追い波を受けているときは、船首が大きく振れることがある。
[3] 横揺れと波浪の周期がほぼ同調していれば、安全な状態である。
[4] 波浪による衝撃や動揺を抑えるためには、針路と速力を調節する。


 問50
航行中の小型船舶が、浅瀬に乗り揚げた場合、まず第一にとらなければならない処置として最も適当なものは、次のうちどれか。
[1] 船体の破損状況を調べる。
[2] 潮時と潮高を調べる。
[3] 船位を確認する。
[4] 機関を停止する。


採点表
科 目 問題番号 正誤
操縦者の心得及び遵守事項
10
11
12
交通の方法 13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
運航 27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50

集計表
科目 正解数 誤り数 未解答数
操縦者の心得及び遵守事項
交通の方法
運航
合計





Copyright (c) 2015 ahhas All rights reserved.