■ 上級運航U ■
 問59−A
C号艇が20ノットで航走するときの1時間の燃料消費量は20リットルである。この艇がA点から18海里の距離にあるB点の間を往航20ノット、復航は18ノットで往復したときの燃料消費量は33リットルであったとすれば、C号艇が18ノットで航走するときの1時間の燃料消費量は何リットルか。次のうちから選べ。ただし、風潮流の影響はないものとする。
[1] 13リットル
[2] 15リットル
[3] 18リットル
[4] 20リットル


 問59−B
C号艇が20ノット、18ノットで航走するときの1時間の燃料消費量はそれぞれ20リットル、15リットルである。この艇がA点から18海里の距離にあるB点の間を往航20ノット、復航は18ノットで往復すると1往復の燃料消費量は何リットルか。次のうちから選べ。ただし、風潮流の影響はないものとする。
[1] 18リットル
[2] 26リットル
[3] 33リットル
[4] 40リットル


 問59−C
小型ディーゼルエンジンの燃料について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] エンジンの回転数は燃料と空気の混合気の濃度を変えることによって制御される。
[2] 燃料として使用する経由は粘度が低く、比重が小さいものほど良質である。
[3] 燃料系統に空気が入りエンジンが停止した場合は、プライミングが必要である。
[4] 燃料タンク内の空気が燃料管に入ってエンジンが停止する場合がある。


 問59−D
速力12ノットで航走する場合、30分あたり15リットルの燃料油を消費する船が、同じ速力で36海里を航走するときの燃料消費量は何リットルか。次のうちから選べ。
[1] 10リットル
[2] 28リットル
[3] 45リットル
[4] 90リットル


 問60−A
ディーゼルエンジン用燃料油を補給する場合の注意事項について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)ドラム缶から燃料油を補給する場合は、底にゴミや水分が沈んでいることがあるから、缶の底の油は残したほうがよい。
(B)異常な臭いのするものは避け、定められた規格の燃料油を使用する必要がある。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問60−B
エンジンの運転中には、オイルパン内のオイル量をオイルレベルゲージで計測してはいけない理由として適当なものは、次のうちどれか。
[1] オイルレベルゲージがクランクに当たるため
[2] エンジンオイル量が正確に測れないため
[3] クランクケース内に異物が侵入するため
[4] クランクケースが爆発するため


 問60−C
燃料噴射ポンプから燃料噴射バルブまでの高圧管のプライミングを行う要領として適当なものは、次のうちどれか。
[1] 燃料噴射バルブの高圧管ニップルを緩めて、スターターモーターでターニングする。
[2] 燃料噴射バルブの高圧管ニップルを緩めて、燃料ポンプ付属の手動ポンプを押す。
[3] 燃料噴射バルブの漏油管を外して、燃料油を注入する。
[4] 燃料噴射ポンプの送出しバルブを開き、燃料ポンプ付属の手動ポンプを押す。


 問60−D
エンジンオイルの状態について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] エンジンオイルに水が混入すると圧力は下がる。
[2] オイルフィルターが汚れると圧力は上がる。
[3] エンジンオイルに燃料油が混入すると圧力は下がる。
[4] エンジンオイルの温度が低いときは圧力は上がる。


 問61−A
バッテリーの充電要領及び充電中の注意事項について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] 容量70アンペア時のものには、7アンペア位の充電電流とする。
[2] 電源のをバッテリーのに、電源のをバッテリーのに接続する。
[3] 充電中は酸素と水素ガスを発生するから火気に注意する。
[4] 充電終期の電解液の比重は一般に1.28位である。


 問61−B
小型船舶においてバッテリーを船舶に搭載したまま、陸上電源で定電流充電を行う方法について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] 電解液注入口栓を外す。
[2] ターミナルのコードを外す。
[3] バッテリー容量の10倍位の電流を流す。
[4] 電解液温度が45℃になったら中断する。


 問61−C
バッテリーが充電終期の状態にあることの判定について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)極板からガスの発生が盛んになり、電解液の温度は上昇する。
(B)端子電圧と電解液の比重が、上がりきって一定値となる。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問61−D
直接冷却式エンジンの冷却水系統のサーモスタットについて述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)冷却海水の流れを制御し、エンジンが冷えているときは、エンジン内部の冷却海水を船外に排出せずエンジン内で循環させ、エンジンが温まってきたら排出する。
(B)冷却水温度計が異常を示した場合、海水取り入れ口、海水フィルターの詰まり、ポンプの故障等の他、サーモスタットの破損が考えられる。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問62−A
船内機船のプロペラとプロペラシャフト系について述べた次の文のうち、正しいものはどれか。
[1] スターンチューブは、プロペラナットで船体に取り付けられている。
[2] プロペラシャフトには防食亜鉛が取り付けられている。
[3] スターンチューブのカットレスベアリングには、FRPが使われている。
[4] 前進が右回りのプロペラの締付けナットは、右ねじである。


問62−B
船内機船のプロペラシャフト系について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] プロペラシャフトには、防食亜鉛が取り付けてある。
[2] 停泊中は、スターンチューブから水が漏れないようにグランドパッキンを締める。
[3] スターンチューブは、プロペラナットで船体に取り付けられている。
[4] スターンチューブの内面にはカットレスベアリングが使われている。


 問62−C
船内機船のプロペラシャフトとスターンチューブについて述べた次の(A)と(B)について、それぞれ正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)プロペラシャフトには、シャフトを覆ってボルト締めされた防食亜鉛が取り付けられているので、点検時に腐食しないように塗装しておく。
(B)スターンチュ−ブのグランドパッキンの締付けはきつくし、運転中は少量の水でもシャフトにかかる事のないように注意する。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問62−D
プロペラの交換要領について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] 交換作業は、木片などを挟んでプロペラが回らない状態にしてから行う。
[2] プロペラシャフトに釣り糸が絡んでいたら取り除く。
[3] プロペラを装着する際には、プロペラシャフトのスプライン部にグリスを塗布する。
[4] プロペラの付近に取り付けてある防食亜鉛を塗装しておく。


 問63−A
船の速力が十分に出ない原因について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。
[1] エンジンがオーバーヒートや過負荷運転になっている。
[2] プロペラのピッチ、直径などが規定のものより大きい。
[3] クラッチケーブルのワイヤーが、古くなって伸びている。
[4] 船体、舵、プロペラに貝殻や藻などが付着している。


 問63−B
ターボチャージャー付ディーゼルエンジンの取り扱い上の注意について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)ターボチャージャーの空気フィルターが汚れていると出力が十分出ない。
(B)空気フィルターが目詰まりすると不完全燃焼を起こし、黒煙が発生する。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問63−C
荒天航行中のエンジンの注意事項について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。
[1] 風浪による動揺で、燃料タンク内部の不純物が燃料系統に流入するので注意する。
[2] 燃料の残量が少なくなってくると、燃料吸い込み口より空気を吸い込む事があるので注意する。
[3] 風浪により、プロペラスクリューが空中に飛び出し、エンジン回転数が急上昇することがある。
[4] 風浪により、冷却水が逆流することがあるので注意する。


 問63−D
ディーゼルエンジンが始動しない場合の原因について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)スターターが回らない場合は、バッテリー、バッテリーターミナル、ヒューズ、メインスイッチ等の電気系統が原因と考えられる。
(B)スターターモーターでは回るが始動しない場合は、セジメンター、燃料コック、ガバナー、燃料ポンプ等の燃料系統が原因と考えられる。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問64−A
航行中にエンジンに異常を感じた場合の処置ついて述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)風潮流に流されても安全な位置かどうかを確認し、必要があれば投錨等の処置をとる。
(B)エンジンを減速して原因を調査し、船の安全処置をとった後、エンジンを停止する。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問64−B
ディーゼルエンジンの排煙が白いときの原因として適当でないものは、次のうちどれか。
[1] オイルパン内のエンジンオイルが多過ぎる。
[2] ピストンリング、オイルリングが折損している。
[3] シリンダ内に冷却水が漏れている。
[4] 各シリンダの出力が不揃いで過負荷のものがある。


 問64−C
ガソリンエンジンについて述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)点火プラグが汚れているとオーバーヒートする場合がある。
(B)オーバーヒートした場合には、エンジンから異臭、異音がする。
[1] (A)は正しく、(B)は誤っている。
[2] (A)は誤っていて、(B)は正しい。
[3] (A)も(B)も正しい。
[4] (A)も(B)も誤っている。


 問64−D
ディーゼルエンジンの運転中、排気色が白い場合の原因として正しいものは、次のうちどれか。
[1] エンジンに負荷がかかり過ぎている。
[2] 過給機からの給気圧力が低過ぎる。
[3] 燃料噴射バルブがつまり気味である。
[4] エンジンオイルがシリンダに入り過ぎている。


正誤集計表
59−A 59−B 59−C 59−D
60−A 60−B 60−C 60−D
61−A 61−B 61−C 61−D
62−A 62−B 62−C 62−D
63−A 63−B 63−C 63−D
64−A 64−B 64−C 64−D

正解数
誤り数
未解答数




Copyright (c) 2015 ahhas All rights reserved.