ボート免許の種類

トップページに戻る
ボート免許制度について
ボート免許(操縦免許)は、エンジンやモーターなどの動力を搭載した総トン数20トン未満の船を操縦するのに必要な資格です。 免許を取得するには、小型船舶操縦士国家試験(=操縦試験)に合格しなければなりません。国家試験は、国土交通大臣より小型船舶操縦士試験機関の指定を受けている当協会が実施しています。  試験は、身体検査、学科試験、実技試験の3つがあり、全部の試験に合格すると操縦試験合格証明書が交付されます。この合格証明書と必要書類を最寄りの運輸局等に提出して免許申請を行うと、免許が取得でき、操縦免許証が交付されます。

ボート免許の種類

資格 資格対象の船 航行区域
1級 総トン数20トン未満
(水上オートバイを除く)
無制限
1級(5トン限定) 総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
無制限
2級 総トン数20トン未満
(水上オートバイを除く)
平水・海岸から
5海里以内
2級(5トン限定) 総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
平水・海岸から 5海里以内
2級(湖川小出力) 総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
機関出力15kw未満
川または湖
特殊 水上オートバイ 水上オートバイの航行区域
(陸から2海里以内)

トップページに戻る
アーハーズ http://www.campingitem.com/