■■■ キャンプとアウトドアのネットショップ アーハーズ ■■■


賢い寝袋・シュラフの選び方

今までにお寄せいただいた主なご質問をまとめ、ご紹介いたします。

ホーム > 賢い寝袋・シュラフの選び方
寝袋・シュラフを購入する前にちょっとチェック
寝袋はシュラフ、シュラーフ、スリーピングバッグなどと呼ばれキャンプなどアウトドア活動になくてはならないアイテムのひとつです。
寝袋、シュラフには大きく封筒型とマミー型(別名:みの虫型)の2種類があります。
封筒型は字の通り長方形の形をしており、ふとんと同じように使用します。しかし、大きくかさばるので登山など持ち物が多い場合には、少々不便です。野外キャンプやオートキャンプなどの場合に適しています。特殊な使い方としては、家の中での子供たち同士の遊びやふとん代わりに使うこともできます。
マミー型は、みの虫のように体にぴったりする形をしています。軽量でコンパクトになるので、登山などではマミー型が使用される場合が多いです。
寝袋一つ一つに目安として使用可能温度域が表示されています。使用する場所の最低気温を事前にチェックして十分に保温力のあるものを選びましょう。
ふもとでは暖かくても山頂では予想以上に寒いときがあります。セーターや下着などの着替えは必ず持って行ってください。また雨具も丈夫なしっかりとしたものを用意しましょう。

寝袋・シュラフの種類にはどのようなものがありますか?
シュラフには大きく封筒型とマミー型(別名:みの虫型)の2種類があります。
封筒型は字の通り長方形の形をしており、ふとんと同じように使用します。しかし、大きくかさばるので登山など持ち物が多い場合には、少々不便です。野外キャンプやオートキャンプなどの場合に適しています。特殊な使い方としては、家の中での子供たち同士の遊びやふとん代わりに使うこともできます。
マミー型は、みの虫のように体にぴったりする形をしています。しかし軽量でコンパクトになるので、登山などではマミー型が使用される場合が多いです。

マミー型 封筒型
マミー型 封筒型
●軽量、コンパクト
●登山に最適
●ゆったり、布団のよう
●キャンプやファミリー用


選び方のポイントを教えてください。
大きさと軽さ:ダウンの量が多ければ多いほど暖かいです。しかし、相反するように重たくなります。ダウンの重量が同じであれば収納時のサイズが小さいほうが持ち運びに便利です。また、ダウンの重量が同じ場合でも、シュラフ全体の総重量が軽いほうがよいのはもちろんです。生地の材質や縫製方法によって微妙に総重量が異なる場合があります。
次にダウンの質。カタログにはダウン何%フェザー何%と記入されていますが、もちろんダウンの割合が多いほど軽くて暖かいです。
温度調節。ファスナーがついている場合が多いですが、足元が開けられるようになっているか、胸元が開けられるようになっているかも重要なチェックポイントです。
収納。以外と折りたたんで収納袋にしまうのが大変です。一人のときや非力な女性でも簡単に折りたためるように、さらに、小さくコンパクトになるようにコンプレッションベルトが付いているほうが便利です。

ファスナー
ファスナーの端はきちんと固定できるか
足元
足元が開けられるか
コード
コードの固定は簡単にできるか

フィルパワーの意味は何ですか?
フィルパワーとは、ダウンの性能を表わすひとつの目安の値です。
圧力をかけない状態でのダウンの体積を示しています。1オンス(約30グラムです)のダウンを容器に入れて測定します。通常は550立方インチで600以上あればかなりの高品質のダウンといわれています。

ふとんとシュラフの縫製方法にはどのような違いや特徴がありますか?
ふとんと違いシュラフはその収納方法が大きく異なります。ふとんは皆さんよくご存知の通り、きちんと折りたたんで押し入れなどに収納しますが、シュラフは収納バッグやスタッフバッグにぎゅうぎゅうに小さく詰め込み収納することが一般的です。
そのため、単に布の中に中綿を入れておくだけでは、収納方法により、中綿が片寄ったり隙間ができ、十分な保温を保つことができなくなります。そこで工夫されたのが、表生地と裏生地を縫い合わせるシュラフ独特の縫製方法です。
代表的な縫製方法は表の通りです。特に保温が必要となる冬季にシュラフを使用する場合は、この縫製方法もチェックしてくだい。

シングル構造 表生地と裏生地をそのまま縫う方法。縫い目から空気が外に逃げるのが弱点。
ボックス構造 表生地と裏生地の間に仕切りを入れる方法。縫い目から空気が外に逃げにくいのが特徴。
ダブルキルト構造 シングル構造を二重にする方法。シングル構造の弱点を補強するのが特徴。



ホームに戻る

アーハーズ http://www.campingitem.com/